FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月の狼女帝(2)

しかし暑いですね。9月とは思えない……。

そんな暑さに日々耐えております。

てなわけで狼の続きです。若干短め。





 ――仲間?
 彼女の言っている意味が、伸彦には理解しかねた。
「そうそう、一応自己紹介しないとね。あたしはハティ、狼王フェンリル様を蘇らせる者だよ」
「フェンリル、様?」
「そう。これからこの世を支配されるお方さ」
 この世を、支配――?
 伸彦はなんとか落ち着きを取り戻そうと、息を整える。
「僕をどうするつもりだ?」
「いっただろ? アンタにも、仲間になってもらうって。ほら、あいつのように……」
 そういって、ハティは後ろを振り向く。
「はぁ、はぁ……」
 先ほどまでサラリーマンだった狼女が、荒い息を立てながらこちらに近付いてくる。
 長い舌をダランと垂らしているその姿は、まるで発情期のメス犬のようだった。
「おやおや、生まれ変わったばかりなのに、もう我慢できないのかい?」
「ああん、だあってぇ」
 少し前まで男だったとは思えない甘い声を挙げる。
 鼻をヒクつかせ、いつの間にか生えた茶色い尻尾を振る。
「フェンリル様が復活なされたら、いっぱいしてもらえるんだよ」
「楽しみですぅ。でも……」
 狼女が、こちらを向いた。
「もう我慢できない……。ハティ様、この人間、食べちゃってもいいですかぁ?」
 狼女は、くあっと口を開き牙を剥きだす。口の間から涎が糸を引いていた。
 ――食べられる。
 伸彦は瞬時に目を閉じた。
「肉なら後でたらふく食わせてやる。こいつはやめておきな」
「ああん、だったらぁ……」
 ドサッ――!
 間髪を入れず、狼女は伸彦を地面に押さえつけた。
 人間とは思えない力で、そのまま無理矢理伸彦のズボンを引きおろした。
「わぁ、美味しそう」
 露になった伸彦のペニスを見ながら、狼女は恍惚の表情を浮かべた。
 ついさっきまで男だったとは思えない、雌狼の色香。彼女の吐息から溢れるフェロモンにやられ、伸彦のペニスはムクムクと大きくなっていった。
「や、やめ……」
 精一杯の反抗をする伸彦。しかし伸彦のペニスは意に反して勃起したままだ。
「いただきまぁす!」
 ガブッ!
 狼女が伸彦のペニスにかぶりついた。
「うっ!」
 じゅる、と音を立てながら伸彦のペニスがねっとりと舐められる。
「ん、ちゅぅ」
「あ、ああっ!」
 獣のように乱暴で、かつ妖艶なフェラチオ。
 いつ噛み千切られるか分からない恐怖と、背徳的な快感が伸彦を襲った。

「ふふっ、まだ夜は長い。満月が終わるまで、まだたっぷりと時間はあるさ。目一杯楽しもうじゃない
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

頑張ってください
獣化ものは好みなので早く続きが読みたいです

No title

やった復活してる 園芸部続き楽しみにしてます

Re: No title

> 頑張ってください
> 獣化ものは好みなので早く続きが読みたいです


ありがとうございます。
なんとか頑張って書いていきたいと思います。

Re: No title

> やった復活してる 園芸部続き楽しみにしてます

ありがとうございます。

園芸部はこの狼女帝が終わったら続きを書こうと思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2投票
無料アクセス解析
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。